ライトマンロゴ


劇団紹介

プロフィール写真

 

2004年、重堂元樹により、北海学園大学演劇研究会有志を中心に立ち上げ。1年の劇団活動期間を経て、2005年にレッドベリースタジオにて初公演。以降、札幌市内の小劇場にて継続的に公演を行う。
2007年、シアターZOO演劇祭への参加をきっかけに、様々な演劇祭や企画に参加しての公演が多い。シンプルでシュールな作風を武器に、演劇祭荒らしとしてほうぼうで物議をかもしている。が、気にしなかったり気にしたりして、劇団自体は公演の有無に関わらず、 日々コツコツと稽古に励んでいる。

お問い合わせ・ご感想などメールはこちらまでinfo@engekikousya.jp

公演履歴

2005年9月
旗揚げ公演 「ぼくのまちおこし」
@レッドベリースタジオ 
2006年3月
第2回公演 「繋がっている」
@レッドベリースタジオ
2006年11月
第3回公演「やるかやらないかはおまえしだいだ」
@レッドベリースタジオ
2007年5月
第4回公演 シアターZOO演劇祭 ZOO7参加作品
「行き止まりに吹き溜まる澱んだ空気は何処から流れ来たるのか」@シアターZOO
2008年9月
第5回公演 コンカリーニョ企画 遊戯祭08「太宰と遊ぼう」参加作品
「パンドラの匣」@ターミナルプラザことにPATOS
2009年6月
第6回公演 シアターZOO演劇祭 ZOO9参加作品
「遠い嵐はやがて」@シアターZOO
2010年6月~7月
第7回公演 シアターZOO演劇祭 ZOO10参加作品
「嵐の真ん中で」@シアターZOO
2010年12月
第8回公演 「制服」 ※脚本:安部公房 @あけぼのアート&コミュニティセンター
2012年2月
第9回公演 「新しい友達」
@BLOCH
2012年7月
第10回公演 「決断の拠所」 
※原作・アントン・チェーホフ「三人姉妹」を元に重堂元樹が脚本
@BLOCH

その他

2011年2月
サッポロ・ショーケース参加 短編「家の庭」上演
2011年3月
コンカリーニョ企画 若い演出家と日本の戯曲シリーズ 安部公房作「制服」上演
重堂元樹が演出として、フレンチが役者として参加。
Copyright (C) 2004 演劇公社ライトマンHP ALL RIGHTS RESERVED.